Pontaポイントのお得な使い道-auクレジットカードと連携すると最強

ポンタポイントの使い方

Ponta(ポンタ)ポイントのお得な使い方をお探しでしょうか?

過去、私もPontaポイントの使い道に悩んでいました。

せっかく貯めたPontaポイントの使い道はローソンしかないかと思ってましたが、色々な使い道があることがわかったため、この記事でまとめて解説します。

Pontaポイントの使い方

Pontaとは?

ポンタポイントの使い方

Pontaポイントは、三菱商事の関連会社によって2010年3月から開始された共通ポイントサービスです。

そのため、三菱商事と繋がりが強かったローソン、シェルやゲオなどが独自ポイントサービスからPontaポイントに切り替えたことによりPontaポイントの普及が進みました。

Pontaポイントはローソンでしか使えないと思っている方が多いのもこのような背景があるからだと思われます。

Pontaポイントサービスは今でも拡大し続けており、2022年7月時点で提携社・ブランド数は142社・202ブランドとなっています。

この機会にPontaポイントの使い道を調べてみるのがいいかもしれません。

Pontaポイント提携店・サービス情報 ➡ Pontaポイントサービス-提携店・サービス

Pontaポイントの交換

Pontaポイント提携店・サービス情報を見ても、今持っているポイントを別のポイントに交換して使えないかと考えるかもしれません。

Pointaポイントは、別のポイントに変換することができます。

JALマイルへ交換

飛行機によく乗る方であれば、PontaポイントをJALマイルに交換した方が効率よく使えるかもしれませんね。

Pontaポイント1ポイントが交換後に0.5マイルになります。

JALマイルは200円購入ごとに1マイル貯めることができるため、妥当な交換レートかと思われます。

電気・ガス代へ交換

中部エリアおよび首都圏にお住まいの方なら聞いたことがあるかもしれませんが、中部電力ミライズやCDエナジーダイレクトの電気・ガス料金の支払いに利用できるカテエネというポイントに交換することができます。

電気・ガス料金のすべてをポイントで支払いすることはできないかもしれませんが、家計の負担を下げることができます。

Pontaポイント1ポイントが交換後もカテエネ1ポイントになります。

カテエネポイントを他のポイントに変更できるので、いったんカテエネポイントに交換するのもありです。

電気・ガス料金のすべてをポイントで支払いする

カテエネポイントを他のポイントと交換する

  • T-POINT
  • JAL
  • PONTA
  • V POINT
  • nanaco
  • waon
  • d ポイント
  • au   など

カテエネポイントについて ➡ カテエネポイントを使う

Pontaポイントの換金

Pontaポイントを換金する方法は存在します。

しかし、時間や手数料がかかってしまうことから、すぐに現金化したい方にはおすすめできません。

auカブコム証券から現金化

auカブコム証券から現金化

auカブコム証券では、Pontaポイントを利用したポイント投資(投資信託・プチ株)を提供しています。

つまり、Pontaポイントを一度投資商品に変え、その投資商品を売ることで現金化することができます。

しかし、すぐに現金化したい方は、投資商品の売買で生じる手数料を負担する必要があるため、目減りする可能性があることを考慮してください。

auカブコムの公式サイト ➡ ポイント投資

auポイントとPontaポイントの違い

auポイント(au WALLET ポイント)は2020年5月よりPontaポイントに統合されました。

以前はauポイントをPontaポイントに交換するなどの手続きが必要でしたが、auポイント自体がなくなりPontaポイントに変更されました。

そのため、au PAYやau PAY カードの決済でPontaポイントをためたり、たまったPontaポイントをau PAY残高にチャージしたりできるようになりました。

au PAYカード(クレジットカード)が最強な理由

au PAYカードが最強な理由

” auポイントとPontaポイントの違い ” で説明したことにつながるんですが、auポイントがPontaポイントに統一されたことにより、Pontaポイントの価値がかなり上がりました。

最近流行りのコード支払いに対応するau PAYを使っているユーザであれば、余っているPontaポイントをチャージすれば利用できるようになりますし、au PAYクレジットカードを作れば、クレジットカード対応の店でも利用できるようになります。

au PAYクレジットカードの年会費は1,375円(税込)ですが、年1回利用すれば年会費が無料になるので作っても損がないです。

また、au PAYのアプリも使いやすくなっているので、一つのアプリでクレジットカードも管理できますし、PontaポイントでのチャージやPontaポイントでの支払いも簡単にできます。

メリット

  1. au PAY, au PAY 決済でPontaポイントが貯まる
  2. au PAYカード(クレジットカード)は国際ブランド(master)なので全世界で利用できる
  3. au PAYカードのご利用金額をPontaポイントで精算可能

au PAYカードの公式サイト ➡ au PAY カードを選ぶメリット

まとめ

まとめます。

Pontaポイントを無駄なく使う方法を紹介しました。

Pontaポイントはローソンだけで使えるポイントではなく、電気・ガス・航空券購入、さらにはクレジットカード利用額の補填にも使えるパワフルなポイントに進化しています。

また、auカブコム証券の商品を売買することで現金化することも可能です。

この機会にPontaポイントの使い道をじっくり考えてみることをおすすめします。

ビジネスマン向けお得情報